読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理とプロレスで繋がるブログ。

ごく普通の大学2年生のブログ。大好きなプロレスと料理のことを主に書いていきます!

〜内藤哲也が支持されるようになった理由〜

 

こんばんは、ふなっちです。

 

今、新日本プロレスで一番興行を盛り上げているユニットは圧倒的にロスインゴベルナブレスである。

 

てか、プロレス界全体を盛り上げていると言ってもいいか。

 

その中心にいる内藤哲也という男。

 

f:id:funacchi-24:20170329152848j:image 

 

2、3年前までは本隊に居ながらも全選手の中で一番ブーイングを浴びていた。(たぶん)

 

しかし!!

 

 

ロスインゴベルナブレスを日本で確立させてからの内藤人気は今や凄まじいものだ。

 

それまで内藤選手のファンじゃなかったのに、一気にファンになった人もたくさんいるだろう。

 

じゃあ、なぜ今の内藤哲也がそこまでも支持され、とてつもない歓声を浴びるようになったのか。

 

今日はそこに追求していきたい。

 

まず初めに、内藤選手は入門当初からその身体能力がずば抜けていた。

 

『棚橋の次は内藤』

 

とも言われ、次期エース候補であった。

 

メキシコでの海外遠征を経て、裕二郎選手とのNOLIMITで凱旋後すぐにIWGPタッグ王座を獲得。

 

この時、内藤選手の活躍は底知れないものであった。

 

しかし!!

 

 

2011年に裕二郎選手と仲間割れ、NOLIMITは解散となった。

 

もっかいこのタッグ見たいなー。

 

でも、今はもう2人の間に差がつきすぎて(笑)

 

さらに、2012年のG1クライマックス公式戦で右膝前十字靭帯を断裂。

 

以後長期欠場に追い込まれ、もう内藤選手の未来は…と思われた。

 

ただ、ここで簡単に終わらないのがプロレスラー。

 

無事に手術をして復帰。

 

復帰戦では因縁深き高橋裕二郎を倒し、2013年のG1クライマックスでは決勝で憧れの棚橋弘至を破り、見事初優勝した。

 

同年、自身が提唱したNEVER王座も獲得。

 

一度はもうダメかと思われたが、内藤選手は完全に復活した。

 

これはIWGPを巻く日も近いだろうとファン達はこの時思っていただろう。

 

ただ、現実はそう甘くない。

 

同年の1.4東京ドーム大会では、セミ降格&後輩のオカダカズチカに敗北という二大屈辱を味わう。

 

セミへの降格は、ファン投票でメインに選ばれた棚橋 vs 中邑を見たいと思う人が多いのもあったが、内藤選手への批判的な意見も多かった。

 

実際に内藤のせいでセミに降格したと思っていた人も少なくない。

 

その後、内藤選手はトップ戦線になかなか絡む事ができず、伸び悩んでいた。

 

やっぱり1番を取れる選手ではないのか。

 

しかし!!

 

 

 2014年のG1クライマックスで、あのAJスタイルズから見事勝利した。

 

これにより、2015年の1.4東京ドームでAJスタイルズとのスペシャシングルマッチが組まれた。

 

タイトル戦でないのにも関わらず、第8試合に組まれ、会社とファンの内藤選手への期待はこの時もの凄く高かった。

 

この試合は内藤選手がもう一度トップに上がるための非常に大事な試合であった。

 

全ての期待を背負い、東京ドームという大舞台でAJスタイルズを倒す。

 

内藤選手がもう一度上へあがるためには、もうこれしかない!!

 

しかし…

 

結果は敗北に終わった。

 

内藤選手は期待が大きい時に限って負けてしまう。

 

そういうのが積み重なってブーイングを浴びるようになったんやろな。

 

大事な所で勝てない、あと一歩の所で負ける。

 

内藤選手にはこういったイメージが強い。

 

所詮口だけと思う事もあった。

 

僕は昔から内藤選手の大ファンだったけど、今一つ突っ切ってくれない内藤選手に対して少しの不満もあった。

 

内藤選手が突き抜けるにはどうすればいいのか!!

 

ずっと思っていた。

 

そこで現れたのが…

 

 

 

 

 

 

 

ロスインゴベルナブレス!!

 

f:id:funacchi-24:20170329153554j:image 

 

これだ。

 

メキシコでラ・ソンブラやルーシュに勧誘され、そこに入ってから彼は一気に変わった。

 

日本でロスインゴベルナブレスを1人でやっていた時は正直意味の分からない行動ばっかしていて、ファンがさらに遠ざかっていった。

 

しかし、日本でのロスインゴベルナブレスもEVIL、BUSHI、SANADA、ヒロムとメンバーが増える事に人気がえげつなくなった。 

 

内藤選手自身も自由に好き放題暴れるようになり、やっと自分の居場所を見つけた感じがした。

 

ベビーフェイスでもない、ヒールでもない、その自由な闘い方がファンの支持を集める1つの理由であろう。

 

さらに、トランキーロを合言葉にファンに考えさせる時間を作るのもうまい。

 

内藤選手は自分がプロレス大ファンであった事もあり、ファンの事を本当に分かっている。

 

ファンの意見を代弁してくれていると言う人もいる。

 

今でもファンの事を1番に考えているのがよーく伝わる。

 

これが内藤選手が支持されるようになった1番の理由だと思う。

 

あんなにも大ブーイングを喰らっていたのに、たった1年でそれを大歓声に変えた。

 

これはもう彼の実力としか言いようがない。

 

昔はファンの期待を裏切る事が多かったのが、今では期待以上のモノを見せてくれる。

 

まあ、この試合は絶対内藤が勝つ!!

 

て時に今でもたまに負けるけど(笑)

 

彼は本当に良いチームに出会ったと思う。

 

CHAOSや本隊に居た時には隠れていた彼の才能が一気に開花した。

 

靭帯を断裂した時の対戦相手が今の仲間であるルーシュ選手て所がまた良いんさなぁ〜😏

 

内藤選手は今、プロレスを心の底から楽しんでいると思う。

 

中邑選手・AJ選手の2人の大きな穴を内藤選手が1人でここまで埋める事ができると誰が想像しただろうか。

 

内藤選手は現在インターコンチのベルトを保持しているが、このベルトは中邑選手の色が強すぎた。

 

中邑選手が居なくなる、誰がこのベルトを引き継ぐ事ができるのか、会社は内藤選手にこれを託すしかなかった。

 

てゆうか、内藤選手ならそれができると思ったのだろう。

 

内藤選手が居る間は新日本プロレスを安心して見れる。

 

あのまま本隊で闘ってなくて本当に良かった。

 

これからも内藤選手には、レスラー・会社・観客と全てを引っ掻き回してくれる事を期待している。

 

さあ、4月の両国で内藤哲也が何かしら動くぞ〜!!

 

内藤選手、そしてロスインゴベルナブレスの勢いはこれからも止まらない🔥

 

f:id:funacchi-24:20170329152935j:image

 

んじゃ👋